GくんBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際 キャロラインK大使離日の挨拶

<<   作成日時 : 2017/01/16 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

<ケネディ大使から日本の皆さんへ御礼のメッセージ>by U.S. Embassy Tokyo (アメリカ大使館)
2017/01/15 に公開
2017年1月16日、キャロライン・ケネディ大使から離任を前にして日本の皆さんへの御礼のメッセージです。U.S. Ambassador to Japan Caroline Kennedy thanks the people of Japan in her farewell message.



(管理者Gから)
途中0:53〜1:15までに次のようなメッセージがあります。
>戦後70年の節目には父の魚雷艇と衝突した駆逐艦の艦長だった花見さんの奥さまにお会いすることができました。世界平和に向け日米の連携を願っていた父の志を引き継いでいると感じました。<

この方、良くも悪くもJ・F・ケネディ(米元大統領)のお嬢さんのイメージがありました。やはりあのケネディの娘といえばそりゃーブランドですよね(笑)。上記ビデオ然りです。そして私たち(日本人)も彼女をそういう目で見ていたのだと思います。去年暮れの安倍首相の真珠湾訪問でも同席していました。日米の外交をその司令塔・国務省を通じて、オバマ政治を体現してくれた功労者だったと思います。次期駐日米大使にも同様の役割を期待したいが、現在のところトランプ政権(1月20日〜)の対日政策は見えない。不安だ。

関連前記事】<国際 安倍首相真珠湾訪問>

前記事】<国際 慰安婦問題・駐韓大使一時帰国>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大統領選以後、アメリカ国内での反応を注視してみると日本での報道とは180度違うようです。
オバマはキューバ、中東、ベトナムも訪問しましたがそれらは「謝罪外交、売国奴」と批判されています。広島訪問もその一環に過ぎません。
ケネディ大使もその一役であり評判は良くありません。例えるなら鳩山の謝罪外交に協力する蓮舫か福島みずほのようなものです。

人間としてはオバマもケネディも良い人のようです。
ただ政治家としてどうなのか。その答えを出したのがトランプ勝利という結果だと思います。
会社員(30)
2017/01/20 13:07
謝罪外交、売国奴< なるほど!会社員(30)さんの見方は違いますね。そのような視点には気が付きませんでした。そのような姿勢がトランプ勝利の遠因になった。<納得です。
「謝罪派」って国内にもけっこういるんですよね。そういう人たちは「謝罪」すれば、問題が解決すると本気で信じているようです。保守派は、逆に謝罪すれば益々たかられ付け込まれると思っています。Gは後者の見方に賛成したいです。中国人漫画家孫向文さんによると、「慰安婦問題」も「南京問題」も、国内為政者(首相など)が、謝罪したから真実になったとツイッターに書いてありました。まさにおっしゃるように謝罪外交・売国奴です。

最後に話し戻しまして、ケネディ女史(大使)は、着任してきたときは反日のイメージがありましたけど、いまは日本(の文化)理解しているように見えます。帰米して女性初の大統領候補になったときには応援したいです。
管理者Gくん
2017/01/21 16:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際 キャロラインK大使離日の挨拶 GくんBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる