GくんBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 17年 2月分記事インデックス

<<   作成日時 : 2017/02/01 17:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<2月分雑記 開始>
このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマは独立スレッドとし、記事表題にはリンクを貼り記事インデックスを兼ねます。

なお当サイトは、コメントフリー、リンクフリーです。どなたでも大歓迎です。広く見解を募って、グレードの高い記事を書こうと思っています。コメントには、気が付き次第すぐに対応するように努力していますが、たまに遅れるときもあります。

−−−−−

02・01<憲法 護憲派も改憲派も「誤憲派」>
先月01・21上記表題記事を書いた。ちょっとした議論がありました。その参考書籍の 畠基晃『憲法9条 研究と議論の最前線』は、国会(参院憲法調査会)の議論をまとめた本でけっこういい。いま図書館が閉館中で借りられない。この本が借りれたら、議論をまとめたい。

<国際 アパホテル書籍>
どうなるのでしょうね。ちょっと気になります。もし妥協したなら、中共(他の特アも同じ)に、これからも付け込まれる前例を作ったことになります。同様事例が起きれば、上から目線でまた付け込まれてしまいます。「慰安婦問題」の構図と同じです。「慰安婦問題」は、日本側(宮沢首相)が謝罪して真実になったそうです(ツイッター:孫向文さん)。

02・02<国際 米新国務長官正式就任>
ティラーソン氏が、米上院によって新国務長官に承認(賛成56反対43)された。これで正式就任だ。2月10日の日米首脳会談では、日本の外務大臣も同行するので、日米の外交も本格的に始まる。「慰安婦問題」にも進展があるかも知れない。ただ実務を担当する次官以下の中級幹部がまだ決まっていないとのことだ。

WSJ社説 17・2・1法的責務より「殉死」選んだイエーツ司法長官代理>
面白かった。この女性、次期民主党政権での司法長官狙いだという。リンク先をどうぞ。長ーい。

02・03<憲法 政府・防衛省の自衛権の解釈>
外部リンク:防衛省のHP<憲法と自衛権>です。

02・09<東洋経済 慰安婦問題は韓国の理性なき民族主義を煽る>台湾人から見た近隣国の大きな「誤り」は何か 朱 立熙 :台湾・知韓文化協会 執行長

第三国台湾の知識人から見た韓国の問題点を指摘した論文調の記事です。客観的に見るとこうなるのでしょう。少し長いが、この問題に興味がある方はリンク先を読んで頂きたい。

02・11<憲法 交戦権は否定されているのか?>
01・21に関連前記事として<憲法 護憲派も改憲派も「誤憲派」>を書いた。そこでの論点を、憲法第9条第2項の「交戦権」を中心に、参考書籍を調べ整理してみた。調べて見てわかったことは今の憲法解釈(特に政府の)は誤魔化しが多いことだ。交戦権の定めの解釈がその典型例だ。本文を参照されたい。

02・13<憲法 交戦権は否定されているのか?>
の第6項目を書き直し、項目名を(管見と今後の展望)とした。

02・22<YouTube キーハンターテーマ曲>
オリジナルとはちょっと違うロングバージョンです。この曲もいい。

02・23<慰安婦問題 解決試案!?>副題)戦後レジームの視点から
解決試案を提示してみた。あとは日本政府が、実行する勇気があるかだ。

02・24<裁判 米軍機飛行差し止めは可能か?>
この裁判を、法理論(日米安保条約・地位協定)以前の視点から考えてみた。

02・26<法律 刑法改正とか!?>
法務省の刑法改正審議会だったと思いますが、強姦罪を廃止して被害者を男女の区別のない「強制性交罪」にするとのことです。これは自民党あたりに陳情して反対したいです。この考え方は、女性が被害者(男性被害者の実害は想定しにくい・あるかも知れませんが)という本来の趣旨に反するし、一番悪いのはジェンダーフリーの思想がはいっていることです。

<憲法 安全保障・有事法制>
ノルウェーでは、女性も徴兵制とのことです。うさぎ屋さんのブログの投稿から知りました。思うところを書いておきます↓。

他国の政策ですから論評する立場にありませんが、日本国を含めて一般論としては、議論する価値があると思います。有事中の国(イスラエルとか)とか北欧のような人口の少ない国は、即・兵員不足が現実問題です。
日本も現在「志願制」です。「兵員不足」は聞きません。徴兵制はすぐに必要とは思いません。問題は、いざというとき危機管理として、有事の場合の兵員不足の議論はなされていません。徴兵にするかは別にして議論だけはしておくべきだと思います。一番の理想は、危機管理として有事の場合に備えて、国民に安全保障の重要性をメディアが常に説いて、「世論形成」をしておくべきと思います。こういうとうさぎ屋の管理人さんに怒られそうですが、管理者Gは憲法の条文改定には消極的です。「できることからやれ」の立場です→02・11<憲法 交戦権は否定されているのか?>。今のように与・野党で安全保障政策で対立構図にあるのはお互いに不幸だと思うんですよね。

17年2月分記事インデックスはこのスレッドで終わり、次回は17年3月分記事インデックスのスレッドを立てます。

前記事(17.1月分)←→後記事(17.3月分)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
17年 2月分記事インデックス GくんBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる