GくんBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 17年 5月分記事インデックス

<<   作成日時 : 2017/05/01 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

<5月分雑記 開始>
このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマは独立スレッドとし、記事表題にはリンクを貼り記事インデックスを兼ねます。

なお当サイトは、コメントフリー、リンクフリーです。どなたでも大歓迎です。広く見解を募って、グレードの高い記事を書こうと思っています。コメントには、気が付き次第すぐに対応するように努力していますが、たまに遅れるときもあります。

−−−−−

05・01<政治 2ちゃんねる>にこういうのがあった↓。

113 : 名無しさん@1周年2017/05/01(月) 21:45:52.54 ID:tEvlpI7i0
森友問題での失敗はマスコミのせいだろうな
最初は籠池氏を戦前教育している基地外と報道しときながら証人喚問以降は擁護する
一度基地外認定の報道されたらその後何喋っても信用されんわ

05・02ヤフーニュース<THAAD>費用巡り米韓大揺れ 米側「再交渉」に言及
毎日新聞 5/1(月) 22:36配信

このニュースもけっこうおもしろい。「慰安婦日韓合意」とも関連して来る。「再交渉」なんてできるのかね。

歴史 矢木 毅『韓国・朝鮮史の系譜』>
歴史本の紹介というより、その書評の紹介だ。「満鮮史」という日本の戦前戦中の歴史研究があった。韓国では 「植民地史学」といわれて忌避されているが、最近再評価されているという。それは韓国側の歴史修正が看過できないレベルまで来ているからではないか!?と管理者Gは考える。

05・03<憲法 憲法9条の「本当の意味」をそろそろ直視しませんか? 解釈タブーとロマン主義を超えて>
ヤフーニュース 現代ビジネス 5/3(水) 13:01配信 篠田英朗さんの記事です。

05・04<憲法 安倍首相 憲法改正し2020年施行目指す意向を表明>
NHKニュースのリンクです。安倍首相は、公明党が提言する「加憲方式」の憲法(条文)改正を、目指すことを明らかにしました。
(要旨)
安倍総理大臣は、東京都内で開かれた憲法改正を目指す市民らの会合に寄せたビデオメッセージの中で、憲法を改正し2020年の施行を目指す意向を表明しました。
安倍総理大臣は「もちろん9条の平和主義の理念は、未来に向けて、しっかりと堅持していかなければならない。そこで『9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む』という考え方は、国民的な議論に値するのだろうと思う」と述べ、戦争の放棄などを定めた憲法9条に、自衛隊に関する条文を追加することを挙げました。<

05・08<憲法 安倍首相加憲方式提案>
安倍首相が加憲方式改憲を提案した。具体的に検討してみた。

05・11<ヤフーニュース「改憲発言 9条2項と整合するか」毎日新聞>
毎日新聞クッソバカ! ヤフーニュース「改憲発言 9条2項と整合するか」毎日新聞 5/10(水) 21:38配信 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6239341 を読んでいただきたい。

第3項で、”自衛権とその行使”を明文で認めた瞬間、自衛権の有無とその行使についての現憲法の解釈上の疑義(本文1)がなくなり、自衛権の行使が正面から認められる。その結果、2項は自衛権の行使に圧縮された戦力(自衛隊)と交戦権は認められる。自衛権の行使以上の戦力不保持と交戦権否認は、第2項のとおり。これぐらいの理屈、高校生でもわかるw

05・12<憲法 安倍首相の第9条加憲提案>
予想はしていましたが異論噴出とのことです。静かに議論していけば、正当な議論なので国民にも理解してもらえると思う(メディアのミスリードがなければ)。

<東京五輪 経費負担問題>
都県四知事が、負担押し付け合いです。結局はカネなのですが、大の大人4人が見苦しい。

05・13<憲法 安倍首相加憲提案続報>
自民党の下村幹事長代行が、次のような提案をしていた。

首相改憲案>下村氏「9条の2を」自衛隊明記の別条項 毎日新聞 5/13(土) 0:09配信
「前条(9条)の規定は自衛隊を置くことを妨げるものではない」

第3項加憲ではなく、9条の2加憲という提案だ。これでもいいかなぁーと思う。程度問題だ。ただGは”自衛隊”という具体的名称ではなく、”自衛権を行使するための組織”とすることが望ましいと考えるが、贅沢も言っていられない。

きょう5月13日TBS「報道特集」で、田原総一朗氏が安倍首相から、”限定的であれ集団的自衛権が行使できる法整備ができたので、今の憲法解釈でも一応満足している”との話しを直接聞いたと話していた。首相の真意は、にわかにわからないが推定するに、この憲法の条文改正(加憲方式)ダメで元々と考えているのではないか!?

05・15<NHK 政党支持率世論調査>5月15日 19時44分
NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、自民党が37.5%、民進党が7.3%、公明党が3.8%、共産党が2.7%、日本維新の会が1.3%、自由党が0.3%、社民党が1%、日本のこころが0.1%、「特に支持している政党はない」が38.4%でした。<

自民:4割弱(たぶんコアな支持者いわゆる保守層は、その半分2割だろう。)
無党派:4割弱
野党支持者(リベラル層):2割 と見て差支えないだろう。無党派層4割が、キャスティングボードを握っているといえよう。

05・17<Google 山口真由さん>
元財務省・弁護士・東大首席卒業という才媛、解説もいい。自民党は、スカウトすべきだ。将来の女性首相候補か!?(買いかぶり過ぎ・笑)。これからの活躍を期待する。

05・18<慰安婦問題 文在寅新政権「日韓合意」見直しか>
国際政治学者の金惠京(キム・ヘギョン)さんへのインタビュー記事<文在寅大統領誕生で未来ある日韓関係が?「慰安婦問題の合意“見直し”は白紙に戻すことではない」>の紹介です。
先月(17年4月)だったか?ペンス米副大統領が、初来日したとき、報道陣からTPPについての質問があったとき、同副大統領は、”TPPは過去のものだ”として、一蹴した。(TPPは日本にとって有益だったが)そのようにありたいものだ。

05・23<憲法 首相の加憲提案に異議>
安倍首相による憲法記念日(5月3日)の加憲方式提案による第9条改正に、憲法学者などで作られた「立憲デモクラシーの会」からさっそく異議が出た(5月22日)。その内容を紹介した。

05・24<ブログ紹介 「平和構築」を専門にする国際政治学者>
篠田英朗(国際政治学者・東京外大教授)さんのブログ記事<日本国憲法の「非中立」性とアメリカ外交政策の「交戦権」否認の伝統〜憲法9条解釈論その5〜>です。この方の憲法論・安全保障論は、本ブログでも参考にしています。この記事は、若干難解です。

05・25ヤフーニュース<自民党>「9条の2」新設案を検討 自衛隊明記 毎日新聞 5/25(木) 6:30配信

第9条の2 前条の規定は自衛隊の設置を妨げない。

だそうだ。加憲条文は、簡潔であれば簡潔であるほどよい。自民党の議論の続報を待ちたい。

別件:<シンシアリーさんのブログ>コメ欄にこういう会話があった↓

Aさん:日本は「慰安婦の存在自体」は今までも否定していない。日本の官憲による強制性、性奴隷であったことを否定しているのです。

Bさん:全く同意だけど、「強制性」がなかったではなく、「強制連行」はなかったと言った方が良いと思う。
(※ 広義の強制性とか、狭義の強制性とか、めんどくせ〜。)<

慰安婦問題の本質って、コレなんでしょうね。

05・26<慰安婦問題 その本質を考える>
シンシアリーさんのブログ17・5・24<日本政府、国連拷問防止委員会に「慰安婦に強制性無し。合意は国連事務総長も高く評価した」 >のコメ欄での議論が面白かった。そこで、この問題の本質を考えてみた。

05・29<政治 加計学園の問題>
面白い記事があった。元財務官僚高橋洋一さんによる記事だ。ヤフーニュース<前川・前事務次官の記者会見は、官僚目線で見れば「大失敗」だった 致命的なミスがそこかしこに…>現代ビジネス 5/29(月) 7:01配信

>前川氏は会見で、2015年の閣議決定において、獣医学部設置に関する将来の需給見通しなどの4条件が示されているが、加計学園の獣医学部新設が、それらの4条件に合致していることが説明されていないと記者会見で述べている。<(引用終り)

このあたりが、この問題の展開を読むうえでのポイントだろう。リンク先記事では、規制緩和についての役所の政策決定過程が述べられている。

05・30<加計問題 獣医師会HP
会長短信「春夏秋冬(42)」 「獣医学部新設の検証なき矛盾だらけの決定に怒り」

NHKニュース<獣医学部新設 鳩山内閣で実現に向け検討開始 政府>5月26日 4時22分

05・31<アゴラ 篠田英朗 憲法学者による9条と13条の倒錯的な理解:9条解釈論その6>
この先生の憲法解釈は正論だ。記事後半部分まで読んで欲しい。前半はその前置きで難解だ。

17年5月分記事インデックスはこのスレッドで終わり、次回は17年6月分記事インデックスのスレッドを立てます。

前記事(17.4月分)←→後記事(17.6月分)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
17年 5月分記事インデックス GくんBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる