GくんBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 政局 衆院総選挙はこの1週間で決まる

<<   作成日時 : 2017/10/01 20:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

<政局 衆院総選挙はこの1週間で決まる!?>
1(総選挙の構図とトレンド)
今度の総選挙の対立構図がわかってきました。問題はトレンド(潮流)ですね。トレンドは、現時点ではまだ読める段階ではありません(誰も読めないと言い切れます)。
しかし、そのトレンドが決まる時期は、管理者Gでもわかります。公示(立候補閉め切り)は10月10日です。しかし、その前の数日は、休日です。平日最後の日は、10月6日(金)です。遅くても各党は、この日まで各種手続きの準備をしなくてはなりません。今週末には、各党候補者を決めて公約と戦術戦略を明らかにせざるを得ません。この間の報道で、今次の総選挙のトレンドが決まります(もちろん希望の党代表小池百合子氏の国政・都政の選択の判断も迫られます)。ゆえに、今週の月曜日から始まる1週間が注目です!

2(台風の目小池新党は、トレンドを作れるか!?)
問題は、今週のマスメディアの報道姿勢です。小池氏を持ち上げて「反安倍の潮流」をマスメディアが作れるか!?です。一方、朝日・毎日・NHKを始めとするマスメディアにもジレンマが、あります。リベラルマスゴミにとっては、小池氏は持ち上げたくてもリベラルでない(安保法賛成・改憲賛成)からです。しかし「反安倍」では一致しているので、やはり今の時点でトレンドは読めません。今週の報道次第で、今週末の世論は形成されます。
希望の党代表小池都知事も、この期間の世論の動向を見て、自己に風が吹いていると感じたら、立候補すると予想します。(そこまでの風は吹かないと思いますが)小池氏の都知事を辞めての立候補の有無が、希望の党の”大勝”・”そこそこ勝ち”の判断材料(リトマス試験紙)になります。

3(小池新党の未来とその展望)
小池新党・希望の党は、小池代表本人は真正保守でしょうが、民進党からの難民候補者が、偽装保守であったり偽装民進であったりします。選挙後の党内の混乱が予想されます。このことは、小池代表、党幹部の若狭勝氏・細野豪志氏も自覚しているはずです。それゆえ、今回は、自民党に対抗しうる純粋な(偽装民進でない)保守勢力の結集に留め次期総選挙(4年後)で、自民党に代わり得る保守政党を目指す方法が、王道です。安易な前民進議員の取り込みは、時限爆弾(トロイの木馬)を抱えたようなもので、必ず総選挙後に党内抗争の混乱が予想されます(旧新進党・旧民主党の例で実証済み)。

4(今度の総選挙の意義)
小池新党希望の党は、「保守」を標榜しています。今までの保守VS革新の対立軸から、保守A対保守Bの対立軸になれば、それはそれでいいことだと管理者Gは、感じています。今の対立軸は、保守(愛国)VS革新(売国)ですから、国民にとっては最悪です。 この対立軸(愛国VS売国←国民にとって最悪)の変更は、一方の保守政党自民党にとって一時的には不利であっても、国民の将来にとっては悪いことではない、と評価します。

【希望の党政策協定書】小池代表は、こういう念書に候補者の署名を求めている。
画像



















【関連前記事】<政治 都議選前雑感>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
2005年に総務省がなんと「希望の党」のPVを作製していました。

https://www.youtube.com/watch?v=pmykwa114OE

インターネット配信番組『報道特注』をキッカケにアクセスが増えています。
会社員(30)
2017/10/01 21:32
会社員(30)さん、コメントありがとうございます。「希望の党」ってありがちな政党名ですね。”未来の党”とかもありました。TVのドラマでなどで出て来る毎朝新聞・朝売新聞のたぐいでしょうか。

自民VS希望、がちんこ勝負の様相です。希望が小池人気だけで勝てるのか!?疑問もあります。自民党の竹下総務会長が、希望の党に対して、早く候補者・公約を決めてくれ!(敵がわからん)と言っていました。NHK19時のニュースの世論調査では、自民30・8%、希望5・4%・無党派・無回答が50・7%です。

支持率では、格段の差がありますが、無党派層の支持をどちらが得られるか!?だと思います。小池新党は、小池氏への風頼みです。本文記事2の風が小池新党へ吹くか!?だと思います。今週末には、トレンドがわかります。注視です。
管理者Gくん
2017/10/03 08:16
本文下【希望の党政策協定書】の画像を、追加でアップした。
自己レス
2017/10/03 08:17
民進党・共産党などが減った分が小池党に流れることはあるでしょうが、政権交代とまではいかないでしょう。日本人の常識を信じたい。

小池党、そして新しくできた枝野党の直近の目的はまずカネです。
民進党はこれまで国民のために使わずため込んでいた軍資金が150億円あると言われています。
小池と枝野がこのブン取り合戦を始めます。
『枝野氏のガラパゴス左派新党、焦点は150億円軍資金の行方 民進から何億ブン獲れるか』
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171003/soc1710030003-n1.html
会社員(30)
2017/10/03 13:25
会社員(30)さん、コメントありがとうございます。きのうのNHKの調査でも、無党派層が50%程度となっています。この動向が、今度の選挙の鍵を握るのだと思います。メディアも小池氏の「リベラル排除」の姿勢には賛同していません。しかし、「反安倍」では小池氏、メディアとも一致しています。今週末で「反安倍」の潮流を作れるかで決まって来ます(→本文2)。

民進党の軍資金150億円ですか!それは魅力ですね。小池党も枝野党も欲しいです。民進党は、前原代表の一存でこのカネの差配ができるのか!?がポイントでしょう。今次の選挙で使わなければ、宝の持ち腐れです。当事者もわかっているでしょうが。

小池党希望が、第1次公認候補発表だとか!、この顔触れも政局上重要です。”第1次”ですから、小池党の核となるメンバーです。2次以降のメンバーとは、自ずと異なってきます。政局が刻々動いていますので、Gがコメントしてもすぐ情報が古くなります。
管理者Gくん
2017/10/03 17:14
【希望の党政策協定書】の画像< 旧版8項目→最新版10項目になった。

昨日の小池党希望の第一次公認者リストに、プラカード持って安保法制に反対していた連中(柚木道義前議員ら)もはいっていた。この党もいつか来た道(旧新進党・旧民主党・民進党)か!

この党は党首(小池氏)を含め、この柚木氏ら(民進からの移籍組)は、平気で嘘が付けるサイコパスか!。小池氏については、女性では珍しく平気で嘘が付けるサイコパスと< きょうのTVである女性脳科学者(中野信子氏)が発言していた。
自己レス
2017/10/04 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
政局 衆院総選挙はこの1週間で決まる GくんBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる