GくんBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 政局 総選挙のトレンド

<<   作成日時 : 2017/10/07 23:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

<政局 総選挙のトレンド>
今次の衆院総選挙のきょう現在(10月7日)のトレンドを、占ってみました。その構図は以下のとおりです。

自民・公明(保守・中道)VS希望・維新(保守!?)VS共産・立民・社民(革新)

核なる構図は、自民VS希望です。

およそ5割を占める無党派層の動向が勝負を決めます。10月7日現在では、小池党希望に7月の都議選前のような追い風は、吹いていません。一方の自民にも逆風が吹いていません(現在の所)。これがきょう現在のトレンドです(投票日まで変わらない)。
小池党希望は、小池代表(都知事)の個人人気が頼りです。しかしリベラルマスゴミは、「反安倍」では小池氏と一致するも、小池氏の保守思想には共感していません(朝日・毎日・TBSなど)。きょう現在の朝日新聞の論調をみると、やはり小池氏の保守思想には批判的でした。「反安倍」よりリベラル思想の方に重きを置いています(反安倍<リベラル思想です)。

昨日発表された政策(選挙公約)にも、朝日のきょうの社説は、安保法制容認・改憲賛成には”自民と変わらない”として賛同していません。経済政策(消費増税凍結・その財源は内部留保に課税)と原発ゼロは、具体的な道程が示されていないとして批判しています。

そして、選挙後の首班候補を示さず、選挙後の自民の過半数割れを期待しての自民党首班(安倍氏退陣を前提)との合従連衡では、野党第一党の責任を果たしていないとして批判しています。つまり朝日などリベラルマスゴミは、政局でも政策でも小池党希望に加勢する風潮ではありません。ゆえに都議選前のような、メディアによる「小池推し」の風潮にはなっていません。少なくとも地すべり的勝利はない、と予想します。ただし政策(公約)は、昨日発表されたばかりです。総じて大衆受けするポピュリズム政策を含んでいます。これも2〜3日して批判にさらされれば、逆転はないと予想します。

−−−−−

上記説明を数値化して単純化しますと↓

各勢力支持率は、自民(保守)30%:無党派50%:革新(共産・立民・社民)20%です。

自民は少なめ、革新は多めに数字を設定しています。安倍内閣支持率は40%・不支持率40%です。内閣支持率は、自民支持率より10ポイント高いので無党派50%から10ポイント差し引くと残りの無党派は40%となります。革新勢力は、共産・立民・社民に純化しましたので無党派からの流入はない0ゼロとします。無党派の残りは、全部を希望が取ったとして40%(希望に有利・自民に不利に数字を設定します)とします。

自民40%(30+10):希望40%(無党派50−10):革新20%です。

小選挙区では、1票でも多く取った方が勝ちです。自民VS希望は40:40ですが、この計算の自民には、公明が付いている分は加算していませんので、ほとんどの小選挙区では、自民の勝ち(もちろん単独過半数)が予想されます。

この流れは、基本的に変わらないと予想しますが、明日(日)以降公示日(火)までに政局激変がありましたら、新投稿を入れて修正します。

関連前記事】<政局 衆院総選挙はこの1週間で決まる!?>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
希望の党と立憲民主党はいったい何がしたいのか政策が不明です。
こういった場合、消去法で自公維に票が流れるのではないかと思います。

小池党は前都知事の桝添への反発から都民の票を得ましたが、東京以外で支持者が増えるような要素がありません。
立憲民主党にいたってはその名前すら知名度が無く、よほどの民進党支持者(反日勢力)でなければ基礎票すら取りこぼす可能性があります。
会社員(30)
2017/10/10 13:11
会社員(30)さん、コメントありがとうございます。きょうの番組でのNHKの調査結果を示しておきます。
各党支持率
自民31・2%、希望4・8%、公明3・8%、共産2・7%、立民4・4%、維新1・3%、社民0・5%、こころ0%、無党派39・1%(民進1・6%、自由0%)です。

安倍内閣支持率は、支持37%不支持43%です。一応「反安倍」がトレンドです。別の東京都内の調査での小池(希望代表都知事)支持率は、支持37%不支持54%です。都知事選前のような、小池旋風は失速です。希望の「受け皿効果」も、限定的です。

上記投稿会社員(30)さんの読み!?とご指摘のとおりだと思います。上記NHKの調査でもその傾向が、読み取れます。三極対立の構図です。自民など与党側に有利の構図です。希望は、無党派層の「反安倍」の受け皿になっていても限定的です。立民は、「反安倍」の受け皿にはなっていますが、無党派のそれは取り込めず、革新勢力(この場合共産の支持率低下)内での受け皿になっているにすぎません。

今週末の各新聞の調査で、各党獲得議席予想が出て来ます(前回は朝日・読売が正確でした)。この予想で投票日までそのまま行くと思いますね。次のこの調査注目です。22日には結果が出るのですが、一応のトレンドを読むのも楽しいかな!?と思って上記本文を書いてみました。
管理者Gくん
2017/10/10 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
政局 総選挙のトレンド GくんBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる