GくんBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS モリカケ騒動 カケはどうなる!?

<<   作成日時 : 2017/12/22 22:12   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

<モリカケ騒動 カケはどうなる!?>
1(先ずモリから片付けておこう)
いわゆるモリカケは、朝日新聞が火をつけ、野党が、(安倍内閣支持率低下のために)利用している。モリは、会計検査院の報告書(→下記外部リンク)が、11月末に出た。この報告書で、朝日新聞・野党の思惑とは異なり、モリ騒動(豊中市の国有地売却)の本質は、だいたい解明された。そもそもは、朝日新聞の追及の本丸は、安倍首相夫妻による国有地売却に、”不正な関与”があって、不当に国有地が値引きされたが、本質だ。
しかし実態は、近畿財務局レベルの不祥事だ。籠池理事長が地中深くのゴミ発見(平成28年3月〜6月国有地売却)を奇貨として近畿財務局との価格交渉において、近畿財務局が、”籠池氏流交渉術”にしてやられた(この際安倍首相夫妻の名前も利用された)、が事の真相だ。政権は、近畿財務局を叱責する立場だ。それ以上でもなければ、それ以下でもない。

2(カケはどうなる!?)
きょうの主題は、カケだ。カケの本質は、「安倍首相によるお友だち優遇疑惑」だ。安倍首相が、お友だち(加計理事長)のために、獣医学部開設のために直接指示Aで便宜を図った!?が問題とされている。ここではっきりさせておかなければならないことは、首相は特区諮問会議の議長でもあるので、間接関与Bする主体でもあることだ。朝日新聞は、首相のAの立場とBの立場の混同を、利用して疑惑に仕立てている。一定の基礎的事実があって、それを歪曲して伝え、疑惑・問題化する朝日新聞お馴染みの手法だ(例:朝鮮人慰安婦・靖国参拝)。

3(「総理のご意向」文書と「官邸の最高レベルが言っている」文書)
加計学園獣医学部の平成30年4月開学の件ついて、内閣府の藤原豊審議官が、この件で文科省の担当者に対して、「総理のご意向」だからと手続きを急かしている(平成28年10月17日付文書)。このメモ文書の真意は、解明されている。藤原審議官の意図は、この文書の後半(朝日新聞は隠した)を読めばわかるが、藤原氏が特区議長である首相の大方針を持ち出して、文科省の担当者を急かしただけだった。
「官邸の最高レベルが言っている」文書(平成28年9月26日付)とは!?、このメモ文書も、藤原審議官の発言とされる。この藤原氏の真意が、解明されていないと言えば解明されていなかった。この藤原氏の発言とされるコトバは、「総理のご意向」発言と同じ趣旨で、藤原氏が文科省(担当者)を急かすために用いたコトバだったが、首相官邸の最高レベル=内閣官房副長官として、萩生田官房副長官が、疑われる報道になった。次の項目で、その真相を探ってみよう。

4(6月19日のNHKスクープ:萩生田副長官ご発言概要)
NHKは、今年6月19日「クローズアップ現代+」で、文科省メモ<萩生田副長官ご発言概要>(平成28年10月21日付)をスクープした。これを契機に、モリでも低下しなかった安倍内閣支持率が低下に向かうことになった重要な報道だった。
そのメモ文書の内容は、文科省の高等教育局長が、萩生田官房副長官から「総理は平成30年4月開学とお尻を切っていた」と言われて、文科省は手続きを急かされたという。安倍首相から萩生田副長官に対して、お友だちである加計学園の開学時期について、「直接指示」があったというのだ。つまり、萩生田副長官が、藤原審議官の発言とされる「官邸の最高レベル」とされたのだ。
このNHKの報道については、最近まで当事者の萩生田副長官(現自民党幹事長代行)の公の場での説明がなかったので、上記疑惑の解明はなされていなかった。しかし昨日(12月21日)のネットTV「虎ノ門ニュース」(→下記【YouTube】)に萩生田氏が出演して、その真相を語った(その1:52〜2:00まで参照)。
番組での萩生田前官房副長官の説明は、そのときの文科省高等教育局長との会同の主題は、給付型奨学金の話題であって、特区の話しは、農水省による「獣医師の需給」についての話ししかしていない、ということだ。さらに、このNHKスクープのメモ文書を作成した文科省職員は、当然ながら萩生田氏と会っていない、という。これで、この文書は、内容虚偽文書であることがほぼ証明された。このことは、小川榮太郎『徹底検証「森友・加計事件」』でも、説明しているが(268〜270頁)、やや説明不足・論証不足の印象は受ける。

5(結語)
以上、上記1〜4でモリカケの争点及び論点を整理した。この騒動(モリ・カケ)を考えるには、その本質(問題とされるものの本丸)に戻ることが、重要と管理者Gは考える。そうしないと焦点・論点がぼやけ、マスメディアの印象操作に惑われてしまう結果になるからだ。インターネットでニュースの真贋が検証できるようになったとしても、必ずしも全員がその真贋を見抜く目を持っているとは限らない。巷には、事実・史実と異なるデマが拡散している現状もある。ゆえに朝日新聞を始めとする大手メディアの影響力は、依然甚大だ。

【外部リンク】「会計検査院の報告書

YouTube】[虎ノ門ニュース]12/21(木) 有本香・萩生田光一・居島一平

【関連前記事】<政治 モリカケどうなる!?>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
最近は捏造を暴露された大手メディアが個人への言論弾圧を展開していますね。
朝日新聞→小川榮太郎氏
沖縄タイムズ・琉球新報→百田尚樹氏(月刊Hanada花田編集長含)

当然ながら小川・百田陣営は徹底抗戦です。というかこの方々が新聞社の恫喝などで怯むはずがありません。むしろ宣伝になってベストセラー効果になっています。

来年も野党パヨクは安倍叩きのためにスパコンやリニアのネタを用意しているようですが、モリカケほどの勢いは無さそうです。
会社員(30)
2017/12/26 07:49
会社員(30)さん、いつも情報提供ありがとうございます。ご提示の前者(朝日→小川氏)は、やっぱりモリカケ研究者!?としては、気になりますねw おっしゃるように両者とも特に小川氏は徹底抗戦ですね。それに本の宣伝にもなります。

この朝日新聞の訴訟提起は、朝日新聞社広報のツイッターhttps://twitter.com/asahi_koho/status/945203359409102848を見てみますと、朝日新聞社に対しての批判的意見ばかりです。皆さん!!良識あるんですね。SLAPP訴訟(イヤガラセ的訴訟)との意見が多いです。まぁーそうなんですが、Gは作戦的にはこう考えます。法技術的には、この訴訟に便乗して朝日に対して、(向こうの言い分ばかりで争うのではなく)反訴を提起する。相手の用意した土俵だけで戦うのは損です。法技術的にはこうです。

考えるに小川氏側は、もっと大きな争点を作るべきですね。世間も当の朝日新聞も、この訴訟をSLAPP訴訟と理解しているようです。もちろんその側面もあります。朝日新聞は、モリ・カケの真の争点(この騒動の本丸←上記本文ほかで再三触れています)の議論を回避するため”訴訟”に逃げた!!とも評価できます。ですから、裁判は裁判として、別個やってもらえばいいです。

モリカケの本丸の議論について、公開の場での議論を求め続ければいいと思います。それで朝日新聞が逃げる態度を示せば、小川氏側は、「朝日新聞は真実を解明する議論から逃げた」と喧伝するだけです。来年早々国会が始まって野党がモリカケをやれば、朝日新聞は、その応援団として報道せざるを得ません。そこでまた議論を吹っ掛けて、こちらから粘着する。逆ストーカー作戦です。小川氏側は、作戦もよく考えてやらなければなりません。受け身一方ではダメです。
管理者Gくん
2017/12/26 21:47
ゆく年くる年 除夜の鐘が響く

往く年ってなんかさびしいような気がします。除夜の鐘が心にしみます。新しい年もいい年でありますように!!

帰省先でPC打っていますが、このサイトの二つのパスワードの控えがなくて、更新できません。来たる新しい年もよろしくお願いいたします。
管理者Gくん
2017/12/31 23:59
モリカケではなくて、たまにはカツ丼位食ってみろw
野党も新聞もカツ丼食えなくて、まだモリカケを食うんですねw カツ丼と言えば、昔30代の時に読んだ文芸春秋に、アメリカからビジネスでやってきた女性が、昼食時に同僚に誘われて入った「お蕎麦屋さんで食べたカツ丼の美味しかった事!」との体験記を読んだ事があります。今では来日外国人の「うまかご飯」のトップ10入りしているそうですがw 中学・高校時代に読んだ雑誌では、日本に来たアメリカの留学生がホームスティ先で食べたインスタントラーメンが美味しくて、実家に箱ごと送ったとかw

モリカケ諦めてそろそろカツ丼・ラーメンのシナさいよw



causal
2018/01/03 09:17
訂正珍語
モリカケ諦めてそろそろカツ丼・ラーメンにシナさいよw
が正しいですw
causal
2018/01/03 09:20
causalさん、新年初コメありがとうございます。いわゆるモリ・カケ、通常国会で野党はやるんですかね!? 上記本文でモリは、近畿財務局の不祥事です。籠池氏の術策に、近畿財務局がはまったその程度です。その近財との価格交渉時に、安倍首相夫妻の名前が利用されたことは、想像に難くありません。しかし名前を利用された側(首相夫妻)に、責任はありません。交通事故でいえば、「もらい事故」のたぐいです。

カケは、「お友だち優遇疑惑」といわれていますが、「総理のご意向」「官邸の最高レベル(=萩生田官房副長官)」の文科省メモ文書が流布しています。前者は確定的に否定されています(文脈が違う)。後者は、萩生田氏の出演番組で安倍首相からの直接指示はないとしています。NHKスクープで引用された文科省メモ文書は、内容虚偽文書でした。野党は、国会の場で萩生田氏に説明を求めればいいと思います。野党は、それができなければカケ問題は、終わりでしょう。

インスタントラーメンって、ちゃんと調理すればおいしいですよね。それとそば屋のかつ丼って、なぜかおいしいです。これから、鹿児島に帰ってかつ丼たべたくなりました。
管理者Gくん
2018/01/04 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
モリカケ騒動 カケはどうなる!? GくんBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる