国際 1906年に決着していた竹島問題

<国際 1906年に決着していた竹島問題>
きょうは、やや専門的になりますが竹島問題です。右サイドでもリンクしている竹島問題でのネット界第一人者<日韓近代史資料集>Chaamiey(茶阿弥)さんのオピニオンサイト<iRONNA>での論稿を紹介いたします。

1<iRONNA>韓国は110年前に竹島の領有権を放棄した? 謎多き「石島」の真実

2<日韓近代史資料集>筆者茶阿弥氏による原題「1906年に決着していた竹島問題」

竹島問題の現時点での集大成・決定版だと思います。<iRONNA>では5ページにわたる大部なので、興味のある読者は1<iRONNA>のリンク先をご覧ください。

------

要約を兼ねて、2<日韓近代史資料集>での管理者Gのコメ欄での投稿記事を掲げておきます。

>いま一読いたしました。「1906年に決着していた竹島問題」<題名はこっちの方がよかったような。大韓勅令(四一号)1900年10月~「鬱島郡の配置顛末」1906年7月までを正面から論じたまとまった論考としては、おそらく本邦初ではないでしょうか。

「石島=独島」説、出て来ますね。これって主張しない方が韓国のためなんでしょうけどね。今さら引っ込めることもできない。この説が成り立たない(相手にしない)ことは、竹島問題の見解で何かと対立する茶阿弥氏(本論考筆者)と池内氏(中公新書著者)間でも異論がありません(笑)。

最後の5ページ目のまとめのところ(決着していた竹島問題・おわりに):いいですね。この問題の発端、島根県の神西訪問団来島の際の鬱島郡守沈興沢の報告「本郡所属の独島が・・」をキッカケに騒動が始まりました(06年3月~)。それに驚いた統監府(日本側)は、本当にそう「鬱島郡所属の独島」なのかを、公式ルートで大韓帝国政府(内務部)に”公式回答”を求めたのでしょう。これが皇城新聞(06年7月)の「鬱島郡の配置顛末」だと。そう読み取りました。
2016/8/26(金) 午後 10:39 [ Gくん ].<

>論稿を振り返って、途中やっぱり気になるのは、鬱島郡守沈興沢の報告「本郡所属の独島が・・」の認識です。これについて>鬱陵島から竹島/独島に行って帰って来るのだから竹島/独島は鬱陵島の付属の島だと考えるようになったのではないかと・・<と茶阿弥さんは述べています。
やはり、これなんですね。付属島嶼論(属島論とも)による即断は、江戸時代以来この問題では、常に付いて廻ります。日本側も、この属島論を否定したり無視したりするのではなく、一定程度認めて反論するのが有効だと考えています(持論)。
2016/8/26(金) 午後 10:41 [ Gくん ]<

【関連前記事】
<書評 池内敏『竹島-もうひとつの日韓関係史』上>
<書評 池内敏『竹島-もうひとつの日韓関係史』下> 
posted by Gくん at 20:59気持玉(0)Comment(2)TrackBack(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • パラン島

    chaamieyさんのターゲットが、「太政官指令」から「鬱島郡配置顛末」に?(少し驚きましたがw)

    さて、韓国内務部が統監府からの照会の回答で独島を郡の所管外だと判断したのは間違いないでしょう。あとは指令第3号(1906年5月20日)からここまで(同年7月13日)に至る経緯を示す史料が発見されると良いですね。(ラスク書簡の様に韓国側がまた隠蔽していなければいいのですけど……)

    ところで、chaamieyさんのブログに出現した変なカタカナ混じりの文章……あれは半月城氏の論文のコピーで2ちゃんねるを荒らしている人物なんですね。読んでたら頭が痛くなってきますw
    2016年09月02日 08:06
  • 管理者Gくん

    パラン島さん!生きていましたかw チャーミーさんのブログでも見かけないので心配していました。チャーミーさん本人も、自己のブログのどこかで、パラン島さんのコメントがないとつぶやいていました。

    なるほど、そう(チャーミーさんのターゲットが太政官指令→鬱島郡の配置顛末)来ましたか!(笑)。彼のことですから、後者の件でもまえまえから構想を練っていたのでしょう。後者の件は、杉野洋明氏が発見して、その理論を発展継承したのがチャーミーさんでしょうか。

    その疑いは、パラン島さんに限らず誰もが持っています。Matsuさんとかも。パラン島さんのご推察どおり、まぁー有っても出て来ない(出さない)でしょうね。

    あのコメ欄のカタカナ氏、そうなんですか!。貴重な情報ありがとうございます。ただ、<日韓近代史資料集>の本文記事を理解して、投稿しているか疑問です。Gは少なくとも相手の言い分(属島論とか)を考慮するようにしていますが、カタカナ氏は、そのへん不勉強で言いっ放しの感があります。まともに相手にしても仕方がありません(矛盾を捉えてギャフンと言わせたいとは思っていますが)。
    2016年09月02日 19:46

この記事へのトラックバック